発展途上グラブル日記

不定期連載です。気が向いたらまた来てください。ゲーム画面スクリーンショットの著作権は各権利者に帰属します。

平沢進オンタイムについて

どうも、nito124です。

 

毎日暮らしてます。

暮らしてればTwitterを見る時間帯も固定化されてきます。

寝る前とか、起きた後とか。

すると、平沢進さんがしょっちゅう目に付きます。

 

平沢進さんのツイートって1時間くらいで1日をグッと押し込めた内容となってます。

そんで終わりは「また!」の亜種みたいな定型文で終わります。

で、ポケッと眺めていたらあることに気づきました。

 

あれ?

「もしかして平沢進オンタイムが存在するのでは?!?!」

 

調べます。

 

2019年1月1日からツイートを開始した時間と終了した時間を記録します。

 

 

新年一発目ツイートは1月3日でした。

 そして終わりがこちら

 この日まとめると、年始の挨拶をしてドライブに行く。

「毎朝会う黒い犬を連れたおじいさん」を完結させてこの日は終わってます。

開始が4:01 終了が5:01でした。

1時間ですね。ツイート数は13。

後ろでパッチン音がしたらヒラサワ通過のお知らせです。

享受しましょう。彼もそう望んでるみたいです。

 

次の日

 終わり

 開始が4:01 終了5:02 ツイート数は13でした。

お? 

もしかしてこれ...

ちなみに、この日炎上を避ける1連の補足が好きです。

f:id:nito124:20190304220310p:plain

補足する

さて、続けます。

 

 

開始4:00 終了5:00 ツイート数は13でした。 

もう意図的です。調べるまでもないかも。

やるけど。

平沢進さんは自分のことを「ステルス」と形容しますね。

前半ミャンマーにちょっと引かれる。

後半難解な文章となります。

なるほど。

 

そんなこんなでまとめました。

f:id:nito124:20190305000032j:plain

平沢進オンタイム表

です。

 

4時頃から5時まできっかり1時間くらいツイートして更新を辞めます。

5時過ぎると「もうこんな時間か」が入ります。

びっくりしたのはほぼほぼ4時に更新するとこ。

普通に凄い。

 

さて、感想です。

なんだか文章として面白いなと感じました。

意味を考える文章をツイッターに流す。

痛いだけで終わるのを彼はツラツラ書き連ねてます。

かなり大真面目に。

しかも、それに感化された人々がリプを返す。

なんだか変なコミニティが形成されてました。

でも、平沢進からでる言葉はなんだか納得できるのに、よくリプを返す方の言葉は納得しにくい。むしろこっぱずかしい。

これが権威なのかなとか思いました。

 

では。

 

お気に入り

 風邪を引いた平沢進さん。この日は2回ツイートした。

そんで明日に備えて寝た。